Top > ダイエット > 酵素が不足すると太りやすくなる!

酵素が不足すると太りやすくなる!

20歳代までは痩せていたのに、30歳を過ぎた頃から徐々に太ってしまった・・・という方や、若い頃は運動によるダイエットで簡単に体重を減らせたのに、40歳を過ぎてからは、なかなか思うような効果がでない・・・などという経験はありませんか。

このような原因は、加齢の影響で基礎代謝量が低下したために起こる症状です。

基礎代謝量は、人が生きて行く上で最低限必要なエネルギーで、何もしないでじっとしていたり、寝ているときでも、常に消費されているというものですが、20歳くらいをピークに年を重ねるとともに徐々に低下していきます。

この基礎代謝量が低下すると、1日あたりの総消費エネルギーが減少して太りやすい体になってしまいます。

こうした高齢による体重の増加を防ぐには、基礎代謝量を高めるダイエットを行えばいいわけです。

基礎代謝量は筋肉の部分で最も多く消費され、筋肉量と正比例関係にありますので、筋力トレーニングなどの無酸素運動で筋肉を鍛えて筋肉量をアップしてやればいいのですが、運動が苦手とか、嫌いという方も多くいらっしゃいます。

そこで、オススメなのが、酵素の摂取です。http://www.sakuraharupi.com/

酵素は、人が生命を維持するために絶対に欠かせない栄養素で、口から摂取したものをエネルギーに変えたり、手足を動かしたり、呼吸をしたり、会話をしたり、内臓を働かせたりなど、人が生きていための全てに関わっています。

そして、この酵素は、もともと体内にある程度の量が備えられていますが、毎日、暴飲暴食を続けて食べ過ぎの食生活や肉や油っこい揚げ物料理などの脂肪分が多く高カロリーの食事ばかり食べていると、消化のために多量の酵素を使ってしまい、体内の酵素が不足してしまいます。

すると、消化機能が衰えて、新陳代謝も低下し、結果的に基礎代謝量も低下して太りやすい体になり、さらに、免疫力も低下するので、体調を崩したり、病気になりやすくなります。

こうした酵素不足の影響を受けないために、生野菜や果物、発酵食品など、酵素がたっぷりと含まれた食材を積極的に食べて、酵素不足を補いましょう。

体内の酵素量が十分にあれば、消化がスムーズになり、代謝も活発になって、太りにくい体になります。

 

ダイエット

関連エントリー